ニューヨーカー未満のNYスケッチブック

 写真家ねおゆうきのライフログ。NYの街、子育て、日々のこと。

Chelseaのギャラリー巡り

今日の幸せ:久しぶりにチェルシーのギャラリーを見て回りました。

 なかなかいいエグジビションやってましたよ。4ヶ所ゆっくり見て回って2時間。チェルシーにはいいギャラリーがいっぱいありますから、ちょくちょく足を運んで鑑賞したいですね。以下、簡単なレポートです。

 ◇ Yancey Richardson

Laura Letinskyのエグジビション(10/18まで開催)。

白を基調に写真のカットアウトや雑誌の切り抜きなどがコラージュされた2Dコンポジション。絵を見てるような、写真を見てるような、不思議な感覚。シンプルで美しかったです。

f:id:nyny1212:20141010152559j:plain

 

◇ 303 Gallery

 カラーフォトグラフィーのパイオニア、Stephen Shoreのエグジビション(11/1まで開催)。

f:id:nyny1212:20141010152707j:plain

私的に一番好きだったのが、ウクライナで撮影されたという写真の数々。日常的な被写体なのにグッと心掴まれるのは、色と構図のなせる技でしょうか。

f:id:nyny1212:20141010153650j:plain

 

 ◇ Yossi Milo Gallery

フォトグラファーMarco Breuer のエグジビション、Zero Base(11/1まで開催)

印画紙を物理的に折ったり、こすったり、熱を加えたり、削ったりすることによってクリエイトしたイメージ。カメラを使わない、フォトグラフィーの概念を超えた作品。作品1点19,000~22,000ドルですって。それがほぼ完売してるそうです(!)。

f:id:nyny1212:20141010153715j:plain

f:id:nyny1212:20141011040041j:plain

f:id:nyny1212:20141011040132j:plain

 

◇ Aperture Gallery

ニューヨークタイムス・マガジンの写真展(11/1まで)

特集記事に掲載された数々の写真の抜粋が、過去15年間に遡って展示されています。フォトジャーナリズムを始め、ファッションフォトグラフィーやスポーツフォトグラフィーなども。セレクト作業がなされた後のコンタクトシートも展示してあって興味深かったです。

f:id:nyny1212:20141010154620j:plain

 こんなにアーティスティックにアスリートを捉えられるなんて!

f:id:nyny1212:20141010154220j:plain

 

 

 

COPYRIGHT ©2017 YUKI NEO ALL RIGHTS RESERVED.