ニューヨーカー未満のNYスケッチブック

 写真家ねおゆうきのライフログ。NYの街、子育て、日々のこと。

雪掻き

スーパーボウル明けの昨日・月曜日、朝5時40分に電話のベルで起こされる。 「雪のため休校」を知らせる、子供たちの学校からのオートメッセージでした。 天気予報通り、朝から雪。しんしんと1日中やむことなく、結構積もりました。 一夜明けて、今日は快晴。でも、明日またスノーストームが来るそうです。 またかあ。雪も続くとやになるなあ。人間も冬眠できたらなあ。

これは、今日の街の景色。

IMG_3237_convert_20140205192249_convert_20140205203833.jpg

どんなに積もっても、さすが北国だけあって、 除雪車がさっさと来て、あーっという間に道路をきれいにしてくれます。 除雪に多少の遅れでもあると、市民からものすごい苦情がでますから。 でも、家の敷地内の除雪は、自分たちでやらねば。 ドライブウエイにとめてある車を出せる状態しないと。 でも、雪掻き担当の夫は、出張でシカゴ。 ...てことは、ええっ、あたし〜〜?!あああ〜。 あ、そうか、息子がいた。最近、急に成長してたくましくなってきた息子の出番だ。 で、さっそく命令しました。 「車に乗れるようにしておいて。あと、郵便屋さんが玄関まで入れるように。」 こういうお手伝いは大好きな息子。 夕方から始めて1時間強。暗くなってきたからもういいよ、というまで頑張ってやってくれた。 完全ではないけれど、取りあえず、玄関先から車の周辺はきれいにになった。 車の窓やミラーやボンネットの雪もきれいに払って、ワイパーまで立ててあるのは、気が利いている。 「ありがと、ありがと。助かった!」 夜のうちに雪はあがり、朝は子供たちも普通にスクールバスで登校。 私も出かけるべく支度し、車が出せる状態か、再チェックに出て......笑いました。 昨夜は、車の後ろまで回って確認しなかったので見えてなかったのだけど、 雪掻きした雪が、車のうしろの道路側に、壁のようにこんもり積んであった。 これじゃあ、車に乗れても出せないじゃん〜〜〜!!! 出かける前に、大慌てで車の背後の雪を掻く私。大汗かきました。 これ、わざと?  横着して、息子に任せちゃった私への仕返し? やられました〜!

COPYRIGHT ©2017 YUKI NEO ALL RIGHTS RESERVED.